ナースシューズ人気の商品

ナースというと「白衣の天使」などと言いますが、
実態はそんなに「きれい」なものではありません。

看護学校は厳しく、実習現場は毎日、大事件の連続!
でも、実習が終わったらそれ以上の「地獄」が待っていました。

大阪の看護学校を卒業し、東京の病院へ就職。
配属されたところは「魔の病棟」と恐れられていた消化器内科でした。
そして悪魔のような教育係・山田主任のもと、
新人ナースとしての日々がスタートしたのです。そのにナースシューズで人気な靴はこれです。

震える手で患者に注射をして、ミスして怒られる。
点滴の速度を間違えて問題になり、叱られる。

一言、一言。ツイッターっぽい呟きが載せてある、内容は看護師の人に聞くとあるあるとすごく納得する。でもそういった呟きが載っているだけ、価格が安いからいいけど、買わなくても似たようなツイッターを見るだけでも良かったと思った。ただ、疲れた時に看護師さんが読み返すと、ちょっと心安らぐかもしれない。

日々叱られながら、
泣き叫ぶ患者と奮闘したり、
目の前で「血の噴水」を目撃したり、
たくさんの死と向かい合ったりと、
生死の現場を体験していきます。
(ときには不思議現象も!?)
患者さんの急変で今日も睡眠1時間
体も心もギリギリです…。
外科ナースが語るリアルな医療現場
看護師になる目標をかかげた学生たちが集まる看護学校。その入学から、戴帽式、病院実習、国家試験までの一部始終を元看護師の著者が描いたコミックエッセイ。意外にも〇〇な授業の様子、実習の失敗談涙なしには読めない終末期実習の話など、数々のエピソードを学生ならではの視点で描きます。人の命にかかわる看護師という仕事。その理想と現実に向き合いながら奮闘する学生たちの姿は目標に向かってがんばっている、すべての人を勇気づけてくれるはず。看護師の基礎知識や看護学校の実情など、役立つ情報も満載で職業としての看護師を気軽に知ることができる1冊です。

☆外科ナースが語る病院ナイショ話が盛りだくさん!!
・手術着が青や緑が多いのは血を見すぎた医者の目を癒すため
・エレベーターで何も書かれていないボタンは霊安室への入り口
・入院中の患者さんが勝手に歩いて転倒骨折したら医療事故になる
・入院中に病室に戻るように指示されたら病棟内で誰かが亡くなったサイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。